コンサルタント

群馬県出身。学習院大学文学部卒業。大学では発達心理学を専攻。学生時代には100名規模のアカペラサークルで代表を務め、アルバイト先の飲食店ではリーダーの役割を担うなど、多くの人をとりまとめ橋渡しをする経験を積む。2017年に新卒社員として入社。研修期間を経て、現在は薬剤師キャリア事業部にて正社員で勤務する薬剤師の転職支援を行っている。並行してチームの業務改善、新卒採用に参画中。

選考の中で多くの社員と接し、
新卒社員も意見を言える環境だと確信。

───企業を選ぶうえで大事にしていたことと、エムスリーキャリアに入社した理由を教えてください。

学生時代に経験していたアカペラの活動やアルバイト経験から、人と向き合える職場がいいなと思っていました。業界は特に絞らず、職種に関しても結果として営業職を中心に応募する企業を選んでいました。それ以外には、風通しのよさや若手社員も意見を言える環境であるか、社会人になっても趣味のアカペラを続けたかったので土日休みで転勤なく勤務ができるかといった条件面を考慮しました。

エムスリーキャリアはこれらの自分の希望に合致しました。チーム制を取っていて、皆でカバーしあって仕事が出来るのも魅力。あとは会社としては若くて成長中だけれども、エムスリーグループで安定していると思えたことも安心につながりました。大企業だと組織として安定していても同期が多いので、競争がし烈で、チャンスを得るのに時間もかかる。スタートアップの企業だと成長のチャンスは多いかもしれませんが、ノウハウはないので新卒で働くのは大変なイメージだったので、両方から良いとこ取りした企業だと思ったんです。

選考でたくさんの社員に会えたので会社の雰囲気も分かりましたし、会話を通して疑問点をつぶすことができていたので、入社した後にイメージしていた会社と違うとギャップを感じることもありませんでした。

コンサルタントの業務にとどまらず、
様々なチャンスがある。

───入社から現在までの業務内容を教えてください。

研修を終えて配属されたのが、首都圏エリアの正社員を担当するチーム。最初は自分のことだけで精一杯でしたが、配属後半年ほどたったころから周りをみる余裕がでてきて、業務フローの見直しを発案したり、新人教育に携わったりと役割が増えてきました。業務フローの見直しについては、普段自分が業務をする中で、「この部分はこうしたらもっと良くなるのでは?」と思ったことを実際に形にして、チームに反映させることができました。今はチームだけでなく、より広範囲に波及できるような施策を考えており、周囲からフィードバックをもらいながら進めています。
その他にも、インターンシップなど新卒採用に関する業務にも声をかけてもらい、参加しています。入社して一年半ですが、様々なチャンスがあり、挑戦できているなと感じています。

年齢・経験に関係なく一人の社員として
意見が言い合える環境。

───同期や、先輩社員とはどのような関係ですか?

自分より活躍している同期もたくさんいて、同期の皆はいいライバルです。グループが違っても仕事上で関わりはあって、情報交換をしたり相談しあったりしています。先輩社員との関係性においても、もともと年齢・経験に関係なくフィードバックしあう文化があり、若いからとか新卒だからとかで意見を聞いてもらえなかったことは一度もありません。業務フローの見直しに関してチームマネージャーに話をしたときも、新卒だからみたいなバイアスはなくて、一メンバーの意見として受け止めてくれ、アドバイスをいただきました。

仕事だけでなくプライベートでも、チームメンバー同士でBBQやカラオケ、旅行に行くなどフラットで楽しく交流できています。

ワークライフバランスが取れているからこそ頑張れる。

───就職活動時に希望していた趣味との両立は図れていますか?

社会人になっても趣味のアカペラは続けています。今でも月3,4回は仲間と集まって練習をしていて、昨年は土日と有給休暇を使い、福岡の大会に遠征し入賞できました。ライブがあるときは会社のチームメンバーが見に来てくれたりもしています。

週末が充実していると、平日は仕事をより一層頑張るぞとやる気になりますね。仕事も趣味も人生の一部なので、今後もどちらも妥協したくないと思っています。

早期にチームマネージャーを目指す。
良い組織で社会に良い影響を与える仕事をしたい。

───今後の目標を教えてください。

学生時代から組織作りや運営に興味があったこともあり、まずは早期にチームマネージャーになることが目標です。同じく新卒で入社した一期上の先輩が2年半でチームマネージャーになったので、自分もそのタイミングでと思っています。
半期に一度評価面談があり、その際にやりたいことや今後自分がどうなりたいかをざっくばらんに話していました。その結果、今回チームマネージャーを目指すチャンスを実際にいただけました。
チームマネージャーになるための要件は公開されているので、どうやったらなれるかが明確です。今は要件を満たせるように、自身のコンサルタントとしてのスキルを上げることはもちろん、生産性を高めた仕事をして、他のメンバーのために時間が使えることを目指しています。

薬剤師の方の転職サポートをする中で、良い環境に身を置くとより能力を発揮できると実感しています。自分たちが楽しく働ける環境にいるからこそ、薬剤師の方々や医療機関の方々、業界全体に良い影響を与えられると考えています。その環境作りができるように頑張っていきたいです。