コンサルタント

京都府京都市出身。平安女学院大学 国際観光コミュニケーション学部卒業後、新卒で医薬品卸専門商社の東邦薬品株式会社に入社。MS(マーケティングスペシャリスト)として1年間、神奈川県の医療機関や調剤薬局への医薬品や医療材料などの情報提供をする営業担当として勤務後、退職。派遣社員としてエムスリーキャリアに入社。現在は薬剤師キャリア事業部で非常勤で働く薬剤師のコンサルタントとして、ママ薬剤師や高齢の薬剤師の転職支援などを行っている。

出会いによって強く感じた、医療という大切な仕事を支えたい気持ち。

─── 転職活動の経緯と、最終的にエムスリーキャリアに入社した理由を教えてください。

前職は労働時間が長く、長期的に働きつづけるのがむずかしいと考え、将来にわたって長く勤められる職場で働きたいという思いで転職しました。

エムスリーキャリアに決めた理由は、医療という世の中にとって不可欠な仕事を支援できる役割であること、また、いまでもやり取りをしている素敵な薬剤師の方と前職で出会い、仕事を通じて薬剤師のみなさまと関わりつづけたかったからです。

さまざまな役割、さまざまな部署を通じて、多様な価値観を知ったこと。

─── 入社から現在までの業務内容を教えてください。

入社当初は派遣社員として営業サポートなど事務まわりの仕事を担当していました。その後、求人広告チームの管理、コンサルタントの採用や育成、薬局や薬剤師の方へのインタビュー取材など、若いうちからさまざま仕事を、さまざまな部署で経験させていただきました。

2年前に薬剤師キャリア事業部に異動し、現在は西日本の非常勤薬剤師の就職支援を行っています。一緒に働く上司や先輩、同僚も部署ごとで変わったことから、たくさんの方々の価値観を知ることができ、仕事としても人生としても学ぶことがたくさんありました。

薬剤師のニーズをしっかりと把握し、希望を叶えたい。

─── 入社後にもっとも苦労したことはどんなことでしたか?

薬剤師との面談の際、相手のお話に対して共感しすぎて、すべて受け入れてしまう傾向があったため、逆に本音の部分や言葉にしにくいニーズの深掘りができずに苦労しました。上司や先輩方に「こうやって話を聞いたほうがいいよ」などのアドバイスをたくさんいただき、経験を積んできました。現在は、コンサルタントになった当初と比べると、薬剤師のニーズをしっかりと把握できるようになったと思います。

うれしいこと、悔しいことも素直に共有できる仲間がいる。

─── 社内の雰囲気(どんな社員が多いかなど)を教えてください。

とにかく、風通しがよい雰囲気です。年齢も同じくらいの若い社員が多く、困ったことがあったらみんなで助け合い、うれしいこと、悔しいことも素直に共有できる仲間がたくさんいます。最近では年下の方が多くなってきたので、自然と教える立場になってきましたが、日々刺激と元気をもらっています。

目標はチームマネジャー。結婚や出産をしても、この仕事をつづけたい。

─── 今後の目標や、挑戦したいことを教えてください。

将来はチームマネジャーを目指したいと考えています。現在もチームメンバーの育成に関わっていますが、自分のチームを持ち、ひとりでも多くのメンバーの自信をつけて、「成果を上げられるコンサルタント」に育てたいと思っています。

また、女性として、結婚や出産をしても仕事をつづけることが目標です。「背中で語れるかっこいいマネジャー」になることを夢に、毎日がんばっています。