選考プロセスを通して感じた、この人たちと働きたいという実感。

─── まずは、皆さんがエムスリーキャリアを選んだ理由をうかがいます。

高松 選んだ理由は二つあります。一つ目は論理的なコミュニケーションが重視される「社風」。もう一つは、選考の面接などで親身になって話を聞いてくれた「人」の部分に惹かれました。選考過程中においても、社員の皆さんに話しかけると仕事中でも手を止めてていねいに対応してくださるなど、メンバーの成長をサポートしたいと考えている方が多いと感じました。

─── はじめから人材業界に絞って就職活動をしていたのですか?

高松 プライベートな事柄も含めて、迷いや悩みをオープンに相談できました。なかなか自分のことを人に話せない性格なのですが、いざ話してみたらとても心が軽くなって。その経験が、人材会社のコンサルタントという職業に興味をもったきっかけでした。

─── 山村さんは最初から人材業界に絞って就職活動をされていたそうですね。

山村 私は、もともと人材会社に絞って就職活動している中で、医療業界に関わる会社がよいと考えていました。自分が成長できそうな会社ということを強く感じたのが、エムスリーキャリアでした。
就職活動中は、いろんな社会人の方、たとえば定年までひとつの会社に長く勤めた方や、何度も転職した方などの話を聞いて、自分はひとつの会社に長くいるタイプではない、成長し続ける必要がある(もしくは、成長し続けたい)、という気持ちが強くなりました。営業力やコミュニケーション力を育てるには、エムスリーキャリアに入社するのが最適だと判断しました。

─── 敦賀さんが入社を決めた理由はなんですか?

敦賀 就職先としてさまざまな業界を考えていたのですが、エムスリーキャリアの「人」に魅力を感じて入社を決めました。「何をするか」よりも「どのような人たちと働くか」を重視していたこともあって。多くの社員の方々の話がたくさん聞けたことが大きかったです。
社員のみなさんの価値観や仕事に対する思いを聞く中で、この人と働きたいと感じる尊敬できる方がいたり。この会社だったら、辛いことがあっても乗り越えられるという気持ちになりました。また、実際に会社の中を見られたので、入社したあとのギャップは小さいだろうと思いました。

─── 一緒に働きたいと思った点を、具体的に教えてください。

敦賀 活気があって、みなさんが楽しく働いている姿ですね。それに、仕事に対して自分で考え行動するタイプの方が多く、そういう環境で自分も働きたいと思いました。

─── 台原さん、佐々木さんはエムスリーキャリアのどんな点に惹かれのでしょうか。

台原 人事担当者の熱意、そして同じように熱い人たちが多いという点に惹かれました。就職活動で合同企業説明会に参加したとき、エムスリーキャリアの人事担当者が、自社のサービスや自身のエピソードについてとても情熱的に語っていたんです。その姿は「学生の前だからよく見せよう」というものではないと感じました。本当にエムスリーキャリアのことをよいと思っていないと出ない表情だと思いました。

佐々木 私も人で選びました。正直、業界や仕事内容にこだわりはなかったんです。どの会社に入社するとしても、営業職と決めていたので。そのような判断基準ではなく、「誰と働くか」が大切、という考えに行き着いて、就職活動を進めていました。
人事担当者によっては、どうしても自社をよく見せようという感じがした方もいたのですが、嘘か本当かわからない情報で、誰と働きたいか、どの会社に就職したいかは決められないと思っていました。エムスリーキャリアの担当者は、答えにくい質問をしても正直に答えてくれたりと、「この会社ならやれる」という確信が得られたんです。

─── 杉本さんは何を基準に会社を選んでいましたか?

杉本 私は働く環境が大切だと思って就職活動をしました。自分の考えを活かすために、発言する機会、発言した内容にフィードバックをもらえる機会が多い環境を求めていました。エムスリーキャリアを選んだ理由は、自分の考えを率直に伝えることができること、それに対する意見や示唆をもらえ、実行できる環境だと思ったからです。
他社の選考では、自分がやりたいこと、会社に対してできること、能力があるのかといったことを聞かれたのですが、エムスリーキャリアの選考では、社内のコミュニケーションや考え方とマッチするかどうかを問われました。

─── なぜ自分の考えを実現できる会社だと思ったのですか?

杉本 人事担当者に、自分の考えを伝えるのに躊躇してしまい、取りつくろう発言をするようでは、その会社には合っていないと思ったんですね。「自分はこういう考えで、いままでこういう活動をしてきました」といったプロセスを、エムスリーキャリアの方はきちんと聞いてくれました。プロセスを大切にしてくれる会社なら、自分の考え方や、何を思って行動するのかに対して重きを置いてくれると思って、入社を決めました。

相手を尊重する姿勢、年齢によらない対等なコミュニケーション。

─── 入社してみて、イメージどおりだったこと、イメージと違っていたところをそれぞれ教えてください。

敦賀 イメージと違ってたのは、自分の意見を申し出る際に、年齢や年次がもう少し弊害となるのかと思っていましたが、よい意味で壁がなく、思ったことが率直にいえる環境です。
チームのマネージャーと業務の話だけでなく、自分が働くということ、今後どのように生きたいかなども話せる環境です。仕事以外の話でも、私の意見を対等に聞いてくれて、それに対して共感してくれたり。

高松 僕はあまりギャップは感じていません。選考で見聞きしたこと、たとえば人間関係やコミュニケーションのあり方などは、基本的に入社後も同じだなと。強いていえば、思った以上に「自分で考えること」「考えを伝えること」「目標を立てること」が求められると感じました。

台原 大前提として、コミュニケーションをする際、相手を尊重するという風土が社内にありますよね。立場に関係なく、意見が言えます。

杉本 私も入社前に抱いていたイメージと違いはありませんでした。目標達成について、個人ではなく「誰かのために何ができるか」が求められることについては、ギャップといえばギャップでした。

チームメンバーへの貢献も「やりがい」。

─── チームで仕事をする上でのやりがいは何ですか?

山村 もともと私は、自分がほかの人よりもできることを相手にアウトプットしてあげることにやりがいを感じるタイプ。エムスリーキャリアでは、営業が10人前後のチームに分かれて仕事をします。そのため、チームメンバー同士のサポートも日常的にあり、自分にとっては非常にやりがいを感じる環境です。たとえば、チーム内の業務効率を上げるためにデータベースからレポートを作成する、といった少し手間のかかる作業だとしても、それでメンバーのサポートができるなら全く苦になりませんね。

佐々木 やりがいってむずかしいと思っていて。営業として数字を追うのは当然ですが、それだけでは辛くなるときもありますよね。でも、自分に課せられた数字だと思うのではなく、チームみんなで達成する数字だと意識を変えることで、前向きにアクションできる。そうしたなかでチームで助け合いが生まれるとやりがいを感じます。

敦賀 入社前は、営業は個人の業績が求められるというイメージがありましたが、エムスリーキャリアではチームとしてのパフォーマンスが大切です。メンバーと相談したり、周りから知恵を借りたりしながら、案件を終えることもあります。

─── メンバーのために時間を使うことについて、どう考えていますか?

敦賀 現在、チーム内で「セカンドアプローチ」という取り組みを行っています。自分が対応できない案件、行き詰った案件を、経験のある人や別の方法でアプローチできる人と協力して進めているときに、チームで一緒に働いているという実感を強くします。自分が不調なときでも、チームとして会社に貢献できているとうれしいし、仕事へのやりがいを感じます。

佐々木 営業以外にも育成という仕事に関わっていて感じるのは、対象者の成長に貢献することがやりがいということ。今どうしたいか、どのようなスキルを身につけたいか以上に、その人がどういう人生を歩みたいのか、長いキャリアプランの中をどうしていきたいのかを聞きながら、今、何をしたらよいのかを一緒に考えるのは、むずかしいけど楽しいですね。新卒2年目から育成に携われるのも、チーム制の魅力のひとつだと思います。

大切なのは相互理解。社員同士がフラットにつながれる会社。

─── 社内の雰囲気について聞かせてください。

台原 営業という立場として、常に全員が目標数値を追っているのですが、まったく殺伐としていない雰囲気です。感情が先走らないというか、常に建設的に議論しています。個人というよりもチーム単位で仕事に取り組んでおり、自分の姿が周りにどう映っているかを考えて行動していることが、気持ちよく働ける雰囲気を作っていると思います。

高松 オープンな会社です。論理的なコミュニケーションのもと、お互いに何でも言い合えるのが心地がいいですね。
あとは、ダイバーシティ(多様性)。いろんな考えをもっている人がいて、お互いを尊重しながらイキイキと働いていると思います。

佐々木 やはり人材会社というところで、人に興味のある人が多いですね。他部署の社員とも「どんな仕事をしているの?」といった会話も頻繁にあり、相手を理解しながら働ける人が多いんだと思います。

杉本 社員それぞれの個性が強いと思います。これだけ考え方や性格が異なる人たちが同じ目標に向かって働けるのは、すごいことだなと。そのために社員ひとり一人が、チームとして仕事をする上で、どのような話し方や態度が求められるのか、自分に何が必要で、何をすべきなのかを理解して行動しています。
たとえば営業でいうと、目標に向かってどう行動するかというプロセスを大切にする社風があるからこそ、個性を大切にしながら、チームとして行動し、やりがいや誇りをもって仕事に取り組めると思っています。

─── 仕事以外での社員同士の関わり方はどうですか?

山村 クラブ活動が盛んです(制度・カルチャー「クラブ活動」参照)。強制的な雰囲気はまったくないですが、私は社員のみんなと「プライベートを共有したい!」という気持ちで楽しんでいます。

敦賀 どんなときでも、今を楽しもうと思っている人が多いかな(笑)。仕事でもプライベートでも、社員同士がフラットに話せていると思います。

エムスリーキャリアで一緒に働くなら、こんな人に来てほしい。

─── どのような人と一緒に働きたいですか?

高松 「素直さ」「成長意欲」「誠実さ」の3つのうち、どれかひとつでも備えている人と働きたいですね。特に「誠実さ」について、コンサルタントは薬剤師や薬局、病院などそれぞれに合ったコミュニケーションが必要ですし、社内の人たちに対して思いやりをもって接することも大切です。

山村 周りにソリューションを提供できる人です。言われたことだけをやるのではなく、自分の考えをもって発信できる人、価値を提供できる人ですね。そういう人であれば同僚として自分も一緒に頑張ろうと思えます。

敦賀 楽しんで仕事ができる人。エムスリーキャリアは「イキイキと働く医療従事者を一人でも増やし、医療に貢献する」ことをミッションとしています。そんな私たちがイキイキと働いていないとダメだと思っているんです。自分自身に誇りをもって、前向きに楽しく働く人がいいですね。

台原 僕も同じです。楽しく前向きに仕事をする人。感情は周りに伝播します。もし仕事がうまくいっていなくても、常に前向きな人は周りも助けようと思いますし、自分自身も一緒にがんばろうと思えます。

佐々木 あえて別の軸でいうと、目標のためにきちんとがんばれる人。同じチームで働くとしたら、チームの目標を理解して、思いやりをもってお客さまにも他のメンバーにも対応できる人が希望です。あとは、おもしろい人、個性の強い人。「これがやりたい」「こういうのが好きだ」といった、何かしら自分の強みや好みがはっきりとしている人からは、私も得るものが多いので、一緒に働けたらと。

杉本 私は「他責にしない人」と「対等な人」です。もちろんチームで仕事をすることもあるのですが、他のことのせいにしてしまうと、自分の問題点や、本当の問題はどこにあったのかを知ることも考えることもできません。何かのせい、誰かのせいにせず。そうでないと、建設的なコミュニケーションはできないと思っています。
もうひとつ、「対等な人」について、年齢や営業成績だけではなく、この人はどういう人で、どういう価値を生み出すんだろうと、対等に見る気持ちが大切だと思います。

─── エムスリーキャリアは「ロジカルな印象が強すぎる」という声もありますね。

敦賀 エムスリーキャリアに入ってもっとも身についたのが「傾聴力」です。薬剤師や薬局、病院が何を求めているのかをまず聞かないと、対応することができません。相手の希望を聞き、感情も含めてきちんと汲み取るためには、ロジカルシンキングよりも傾聴力や共感力が必要です。

山村 仕事の流れとして、ロジカルは最後の部分で必要になると思っています。薬剤師に求人の提案をして、それがいかによいかを伝えるときは、感情的に考えると割り切れないこともあるので、ロジカルさが必要になってきます。あとは、みんなが納得しながらスムーズに業務を進めるために。

杉本 社員にもいろんな人がいて、センスや感覚を優先して仕事をしている人もいると思うんです。コミュニケーションすべてがロジカルというわけではなく、たとえば他人の理解を得ようと思ったときにロジカルが必要になる。「なぜ?」と聞かれたときに、相手が納得できる答えが求められる、ということだと思います。

佐々木 転職したい方も、自分の方向性や希望がはっきりとわからないからこそ、私たちのような仕事が必要とされていて。人の気持ちがわかることのほうが大切だと思うんです。

台原 嗣人(2016年 新卒入社)

Tsuguto Daihara

薬剤師キャリア事業部人材紹介グループ常勤チーム

神奈川県出身。拓殖大学政経学部卒業。学生時代は寮生活をしながら飲食店でのアルバイトを経験。 新卒1年目にコンサルタントとしてパート薬剤師担当を経験し、 顧客満足賞金賞を受賞。 現在は中四国エリアの正社員薬剤師担当として、2018年上期売上ベスト5に毎月ランクインするなど、チームだけでなくグループのエースとして活躍中。自らの営業業務のほか、4人編成のユニットの進捗確認担当を兼務している。

佐々木 桜子(2016年 新卒入社)

Sakurako Sasaki

薬剤師キャリア事業部就職支援グループ

神奈川県出身。明治大学国際日本学部卒業。学生時代はバレンタイン催事のアルバイトの中で、アルバイトスタッフの採用から店舗運営、売上管理などを担当し、売上目標を達成することに注力していた。新卒1年目はコンサルタントとして新人賞を受賞。コンサルタントと新人のOJTトレーナーを兼務したのち、就職支援グループへ異動。現在は全国の薬科大学にて、薬学生向け就職活動講座の講師を務める。

髙松 陽大(2016年 新卒入社)

Yota Takamatu

薬剤師キャリア事業部人材派遣グループ チームマネージャー

東京都出身。早稲田大学社会科学部卒業。学生時代はダンスサークル(立教大学D-mc)とゼミ活動に勤しむ。ダンスサークルでは出演数300名・動員数3000名規模の公演作りに携わり、ゼミ活動では異文化コミュニケーション学で「当たり前は当たり前でない」という考え方を学ぶ。 入社後、東日本エリアの派遣薬剤師の就業サポートを行い、2017年上期の顧客満足賞優秀賞にノミネート。2018年10月にチームマネージャーに就任し、チーム運営を行う。

杉本 実穂(2016年 新卒入社)

Miho Sugimoto

薬剤師キャリア事業部人材紹介グループ常勤チーム

埼玉県出身。立教大学現代心理学部を卒業後、立教大学大学院現代心理学研究科映像身体学専攻博士課程前期課程を修了。大学・大学院時代は現代演劇の研究を行いながら、自身でも演劇作品の制作・上演を行っていた。現在、コンサルタントとして中国四国地方エリアの正社員薬剤師の転職活動のサポートを行っている。

敦賀 舞(2016年 新卒入社)

Mai Tsuruga

薬剤師キャリア事業部人材紹介グループ非常勤チーム

神奈川県出身。明治学院大学社会学部社会学科卒業。学生時代は河合塾のチューターとして、学生と講師のサポートを楽しみながら4年間を過ごす。入社後、東日本エリアのパート薬剤師のコンサルタントとして活躍し、3人編成のユニットの進捗管理も兼務。現在は新規プロジェクトメンバーに抜擢され参画中。

山村 美佳(2016年 新卒入社)

Mika Yamamura

薬剤師キャリア事業部人材紹介グループ非常勤チーム

日本大学商学部商業学科卒業。学生時代はゼミを統括する学生団体に所属。学内の研究発表大会では観客を増やすため広報を担当。来客数の少ない1年生向けのイベントを企画し、前年の2倍の観客数を達成。コンサルタントとして西日本エリアのパート薬剤師の転職支援を行い、現在は全国広域エリアを担当している。